新卒採用サイト2023

MENU

先輩の声 HANATANIを支える力

苦しさの中の
喜びをわかちあえる仲間がいたから
今の自分の成長がある。

長井 玄樹  
/工事部
/大阪工業技術専門学校卒

入社のきっかけは?

「花谷建設じゃなかったらやめてたかもな」って思う瞬間がある。

設計か施工管理かどっちがいいか考えた時に、ずっと机に向かっているより体を使って仕事をする方が自分に向いていると思って、施工管理を選びました。
学校の先生の紹介で、花谷建設を受けて入社しました。
入社後、フレンドリーに接してくれる先輩ばかりで気付いたらすぐ仲良くなっていました。
寮住まいで、同期や先輩と毎晩飲みに行っていましたね。砕けて何でも話せて、すごく楽しかったです。
仕事で苦しくても明日からまた頑張ろうってやる気になって1年目、2年目と乗り越えられました。

現場の雰囲気はどうですか?

色んなやり方をみる。そのなかで自分のやり方を見つける。

所長によって雰囲気は違います。それぞれの所長のスタイルがあって、色々なやり方が見られて勉強になります。
お客様への説明の仕方も様々なんですよ。
でも、伝え方が違うだけで、お客様が安心する説得力があってそこから信頼関係が生まれるんだな、と気づきましたね。
それから自分のやり方をしていこうと思いました。
僕が大事にしてるのは、お客様に信頼してもらう為に、一つ一つ丁寧に、誰も見ないと思うようなところでも絶対妥協せずに終わらせることです。
あとは、お客様の要望に対して「それは無理です」ってすぐ言わないことですね。厳しいと思っても「いや、何とかしたら できるかも 」って一回考えます。その姿勢が最初は頼りないなって思われてたとしても、そこはちゃんと応えてくれるんだなって思ってもらえると思うんですよね。

仕事で達成感を感じる時はいつですか?

「ああ、建ったな」完成した建物を見上げる時。毎回この感動を味わえる

今でも一番最初の現場が印象に残っています。
1年目で何もわからず、すごく大変だったのですが、建物が完成した時は感動しましたね。
建物を見上げて「ああ、建ったなぁ」って、ずっと見ちゃいました。
毎回この感動を味わえるっていい仕事ですよね。
初めて現場所長として、建物を無事に完成させて、お客様が喜んでくださった時は感無量でした。

将来どうなりたいですか

「家族のために」というのが私の原動力。

家族を守っていきたい。
その為に会社にもっと大きくなってもらいたいので、そこに貢献できるような存在になりたいです。あいつが言ってるんだったら確かにそうしないといけないなって思ってもらえるようにならないといけないんで、今は認められるようしっかり仕事に取り組んで、もっと資格も取ろうと意気込んでいます。現場の社員にとって、良い事だと思ったことは取り入れてもらえるよう働きかけられる人になりたいですね。

学生に向けてひとこと

やる気がある人はどんどんスキルアップできる環境です。

少人数の会社なので、やる気がある人にはどんどんチャレンジさせてくれます。
聞いたら誰でもしっかり教えてくれるので、学ぶ姿勢がある人は成長できる環境です。僕は成長させてもらったなってすごく感じてるんです。上司に、「ぼくやりたいです!」ってやる気を伝えていて、上の人はそれを感じ取ってくれてチャンスをくれるんですよね。自分で現場所長をした時も、恥ずかしいとか思わずにわからないことはすぐ上司に聞いて、そしたら「あ、こいつやる気あるな」って思ってくれて、サポートしてもらいました。
もし、失敗しても、そこから学ぶ事でまたチャレンジさせてくれます。
厳しく大変な事もあるかもしれませんが、絶対に成長できます。僕の現場に配属されたら何でも教えます(笑)
やる気がある人は是非来てください。

他のスタッフを見る
閉じる

閉じる