新卒採用サイト2021

MENU

先輩の声 HANATANIを支える力

建物を造る達成感。
これが達成感だったんだって、
味わえた。

上野 和樹  Kazuki Kamino (22)
/工事部 2016年入社
/関西大学 2016年卒

なぜ花谷建設を選んだのですか?

達成感を味わえる仕事を、印象のよい会社で。

最初は、正直自分何がやりたいとか全くなくて、ただ闇雲に就活受けてたんですよ。
学科は土木系の学科だったんで、ちょっと建築系とはまた違うんですが、はっきりした理由はなかったんですけど、土木は自分的になんか違うなって感じてて。
その中で、いろいろ調べていくうちに説明会とかで建築業界面白いって聞いて、建設もありかなって。建築は建物を造るっていう達成感が味わえるって聞いて、それは味わいたいなと思いました。その中で花谷建設は、会社にいくとみんな仲がいいのがわかるんです。いい会社だなと思いました。印象がとてもよかったんでここにしました。
入社してすぐ、一つの現場のほぼ終わりの時期に入ったんで、正直ほぼ何もできなかったんですが、建物が完成したら、これやったんやってちょこっとだけ達成感を味わえました。

仕事で一番嬉しかった事はなんですか?

ちゃんと自分が成長していると、感じられる事。

今の現場は最初から入らせてもらってるんで、すごく達成感を感じています。
もうすぐ完成ですが、お施主さんがよく現場に来られるんですね。その時に、質問を受けたりするんですが、こうなんですって答えると、有難うっておっしゃってくださいます。そのやりとりが嬉しいですね。
それに、最初に入った現場より、周りから見たら全然やと思うんですけど、個人的には頑張ってるなって思うんです。建築学科卒業じゃないんで言葉とかなんにもわからなかったんですよ。
いきなり知らん言葉で◯◯持ってきてとか言われるんです。その時に聞き返すんです。◯◯ってなんですかって。最初は絵とか図で書いてましたね。メモ帳に。ここがこうなってて、ここがこんな感じのヤツって。やっと形と名前が一致して、理解する。そうやって用語を覚えていきました。今では皆さんにいろんな事教えてもらったおかげで、建築の用語とかスラスラわかるようになってきて。成長したなって思っています。それも嬉しいですね。

社内の雰囲気はどうですか?

アットホーム、フランクだけど礼儀は大事にしています。

出社初日、緊張しかなかったんですけど、すごくフランクな感じで安心した事を覚えています。
みんな仲良くて、部長とか課長とかいるんですけど、実際部長とか呼ばずに何とかさんとか皆さん付けで呼んでるんです。ほんまにフランクな感じで接してますね。
僕的にはビックリしたかな。もう普通に上の人やけどタメで話したりとか普通にあるんで。
いい意味で体育会系です。上下関係がそこまできつくはないですけど、礼儀はちゃんとしろっていう方針ですね。たとえば、挨拶とかちゃんとしろ、とか。だから、緩くなる事はありません。本当に仲がいい、そんな感じです。

では、現場はどんな感じなんですか?

親ほど年齢の離れた職人さんと一緒だからこそ、元気がもらえる。

最初は職人さんって怖いイメージがあったんですけど、実際は結構フランクな人が多いです。可愛がってもらえますし。僕が若いからだと思うんですけど、イジられたりする事もあります。僕は汗っかきなんですけど、水浴びしてきたんか?とか(笑)
親と年齢が近い方が多いので、最初は話しかけにくいのはありました。でも、結構歳が離れているので、こっちが失敗しても、気にすんな!とか元気づけてもらったりと、懐が大きいです。優しい人が多くて、ありがたいですね。

将来、どうなりたいですか?

働いてるのがかっこいい、そんな自分になりたい。

今の所長ですが、失敗とかしてもあまり責めたりしない人で、優しいんですけど、時によっては怒ってくれるし、本当に僕のこと考えてくれてるんやなって感じます。また、所長も先輩も職人さんに聞かれた事とか、すぐにパパパッて指示出したり、上手く現場とかすぐ裁いたり、回してるところがかっこいいなって思いますね。
僕なんかまだ、全然聞かれたこともすぐ答えられない状態で、憧れなんです。こういう風になりたい、って。そのためには、まだまだ知識とか全然足りないんで知識と、計画性が必要ですね。建物を造ることに携わるんで、やっぱり責任はあります。でも、責任以上に達成感を味わえる仕事なので、これからその仕事をかっこよく回せる自分になりたいと思います。

他のスタッフを見る
閉じる

閉じる